被爆したあおぎりの木

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 広島ブログ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

aogiri_1

 

平和公園の資料館の入口にあたる建物の北に、原爆の熱線で焼け落ちながら、現在まで生き続けているあおぎりの木があります。

爆心地から約1.5km、白島にあった当時の逓信局(現在の中国郵政局)の庭に、3本のあおぎりが植えられていました。あおぎりは原爆の熱線を受けて爆心地側の幹が、半分焼けてしまいました。当時は、広島には70年以上草木が生えないと言われていて、あおぎりもそのまま枯れてしまうと思われていました。しかし、その翌年の春に、幹が半分になった3本のあおぎりから、3本とも新芽が出ました。

わたしは、原爆で足を失った女性の方から、生きる希望を失った中で、焼け焦げたあおぎりから芽がでているのを見た時に、自分もこのあおぎりのように生きようと力を貰った、というお話をお聞きしました。こんなふうに、原爆の怪我や後遺症で苦しんでいた人々に、大きな力と生きる希望を与えたのが、このあおぎりです。

3本のあおぎりは、1973年に平和公園内の現在の場所に移植されました。1本は枯れてしまいましたが、2本は現在も生き続けています。平和公園には、逓信局に植えられていたのと同じ方角に植えられています。このページの写真は爆心地の方向、南西方向から撮ったものです。焼けた幹肌を包み込むように、新しい幹ができているのが分かると思います。

このあおぎりの種から苗木を育てた「被爆アオギリ2世」を、全国の学校や地方自治体に、贈るキャンペーンも行われています。

平和公園周辺の宿泊施設

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

うまい広島Facebookページへの「いいね!」をお願いします。