ヒロシマの碑

LINEで送る
[`yahoo` not found]
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 広島ブログ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

1981年、広島市が元安川の美化工事をはじめた頃に、元安川の河床には、まだ、原爆の熱線で表面が溶けた瓦がたくさん埋まっていました。そのことを知った高校生が、瓦の発掘と平和への決意のために、この碑の建設を呼びかけました。

この碑には、彼らが発掘した原爆瓦がはめこまれ、また、ブロンズ像は、「戻れない風」をテーマに昇天する犠牲者の魂が表現されています。これは、比治山女子短大の芥川永教授の作品です。

碑文は、被爆二世の蔵田順子さん作のものを原案に、碑文作定委員会によって作成されました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

碑文:
「天が まっかに
燃えたとき
わたしの からだは
とかされた
ヒロシマの叫びを
ともに 世界の人よ」

建立:
1982年8月5日

LINEで送る
[`yahoo` not found]
Pocket

うまい広島Facebookページへの「いいね!」をお願いします。