広島汁なし担担麺ってご当地グルメなの?

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 広島ブログ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • SumoMe

広島汁なし担担麺は、2010年ころから、広島のご当地グルメとしてマスコミで取り上げられたり、旅行誌にも広島観光や広島グルメの情報として掲載されるようになりました。広島の汁なし担担麺って、全国の他の地域の汁なし担担麺とはすこし違う特徴があるんですね。

それは、広島には、汁なし担担麺の専門店が他の地域にと比べてズバ抜けて多いことなんです。専門店というのは、メニューに「汁なし担担麺」しかなかったり、お店の一番主なメニューが汁なし担担麺だったりするお店のことです。

例えば、汁なし担担麺は東京でも食べることができます。いわゆる「中華料理店」や「四川料理店」で、そのお店のメニューの一つとして汁なし担担麺があるんですね。お店に来るお客さんは、ラーメンやマーボードーフなどのメニューのひとつとして、汁なし担担麺を選ぶ方がおられる感じです。
※この記事は、もともと2014/2に書いたものです。その後東京にもキング軒東京店さんをはじめ広島方式の汁なし担担麺店が多く出店され、大変嬉しく思っています。

これに対して広島では、例えばキング軒さんや梵天丸さん、武蔵坊さん、國松さん、他のメニューがある店もありますが、お店に来るほとんどのお客さんは汁なし担担麺を食べていて、他のメニューは開店時から品切れということもあるくらいです。すずらん亭さんも昼間は汁なし担担麺を中心としたメニューになっています。こんな風に、「汁なし担担麺の専門店」が多いことが、広島の特徴なんですね。

そんな広島の汁なし担担麺事情なのですが、実は、わたしは広島汁なし担担麺がご当地グルメとか広島名物と言われていることに、ちょっとだけ懐疑的な気持があるんです。だって、この汁なし担担麺って広島のものを使っていないんだもの。

P2080006P2090010P2100037PB050047_thumb.jpg
※上から國松さん、すずらん亭さん、キング軒、武蔵坊さんの汁なし担々麺

 

さてここで、広島汁なし担担麺の主な材料を確認してみましょう。麺、山椒や唐辛子などの中華香辛料、そしてミンチと味噌を混ぜた肉味噌・・・・・。何店舗か回っていると、どのような材料を使われているか、なんとなーく分かってきます。それに加え、広島汁なし担担麺のお店って情報公開がよく進んでいるお店も多く、中にはレシピや材料などがブログやFacebookに掲載されていたりするんですね。いや、良いことだと思いますよ。それで、そういった情報を総合してみますと、多くの店舗では、「麺」って関東地区など東日本の製麺工場で作られたものを使用されているようです。そして、中華香辛料はほとんどが中国から輸入されたもの、肉味噌も県外の材料が使われているようです。

※この記事は、もともと2014/2に書いたものです。その後自家製麺や広島の製麺所など、広島で製麺された麺に切り替えられた汁なし担担麺店も多く、大変嬉しく思っています。

 

これ、ほんとうに広島名物?

例えば、お好み焼きの主な材料は、麺、キャベツ、ネギ、ソースなどです。この中には季節によって県外産の材料しか手に入らないものもありますが、多くは広島で作られたものが使われています。まぁ細かいことを言えば、麺は輸入小麦粉だったり、ソースも県外産柑橘類が材料なんだと思うんですが、それでも製麺やソース製造は広島でされているんですね。つまり、広島のお好み焼きは、広島にソースや製麺工場があることで、広島名物として成り立っている食べ物なんです。広島ラーメンや激辛つけ麺等も、これと同じことが言えます。

これに対して、広島汁なし担担麺の主な材料は、広島産でもなければ広島で加工されたものでもありません。だから、他県でも同じように産地から材料を取り寄せれば、同じように作ることが可能なんですね。私が懐疑的だと言うのはこんなところなんです。

 

汁なし担担麺ブームは広島だから起きた

でもね、ここで考えたいのは、広島でこんなにも汁なし担担麺が受け入れられたのはどうしてかってこと。・・・・こう考えた時に、ちょっとわたしは考え方が変わったんですね。これはやっぱり、広島名物・広島グルメだと。

広島で汁なし担担麺がブームになったのは最近です。でも、その前から、広島にはこういう食べ物が食べたい人は多かったんだろうなと思います。ここれは、広島と辛い麺類についてもうすこし考えてみようと思います。

まず、広島の麺類の歴史から考えてみます。

広島の麺類といえば、忘れてはならない、広島のうどんを代表すると言ってもいい「広島駅うどん」、そして「カープうどん」は、薄口の少し甘い感じのダシです。広島のうどんは唐辛子がよく合うんですね。うどん店では唐辛子をたくさん入れて食べる方も多く、お店によっては、丼に一杯に入った唐辛子をスプーンでうどんにかけることができるようになっていて、それを山のように入れる方もいらっしゃいます。

また広島の麺類の中でも人気が高い「呉冷麺」は、お店のテーブルに唐辛子の辛味が効いた「唐辛子酢」が必ず置いてあります。唐辛子酢をかけた、辛酸っぱい味が呉冷麺の味を引き立てるんですね。

そして広島名物のお好み焼きにも、麺に唐辛子を練り込んだ「激辛麺」というのがあります。

このように広島では、もとの食べ物をトッピングで辛く変身させるというのが歴史的にあったんですね。わたしは、広島の辛い麺文化の原点はここにあると思っています。

そして90年代に登場した「広島激辛つけ麺」によって、広島の辛い食べ物の歴史が変わります。激辛時代のはじまりですね。広島激辛つけ麺は、新華園さんでずっと以前から「冷麵」という名で出されていました。90年代になり、激辛つけ麺として流行屋さんやばくだん屋さんなどでも食べることができるようになったことで一気に広がってブームになり、広島名物になりました。広島激辛つけ麺がこれまでと違うのは、辛くないものをトッピングで辛くするのではなくて、もともと辛い食べ物だということです。

しかし、この広島激辛つけ麺は、いくつか欠点があるんですね。まずは値段が高いんです。また、普通の辛さではなくて激辛すぎること。さらに最大の欠点は、上手に食べないとタレのラー油が衣服に飛び散って赤いシミになってしまうんですね。まぁそれ以外にも、名店の中には一癖あるようなお店もあったりして。こういうことから、広島激辛つけ麺は、自分一人で自宅から普段着で食べに行く場合は良いのですが、オフィスの仕事仲間や、家族と一緒に行ったり、観光客をご案内するようなことは比較的やりにくいんですね。辛いものが好きでも、広島激辛つけ麺は手を出さないという方が、結構多く割りといらしゃったんです。

そこに、広島汁なし担担麺の登場です。広島汁なし担担麺は広島激辛つけ麺の弱点・欠点が、ものの見事に全て上手く克服されているんですね。激辛つけ麺ほど辛くなく、値段も高くなく、しかも飛び散ることもないんです。綺麗なお店が多くサービスも一流に近い。

 

DSC_0006P2160048
※上からきさくさん、四川麻辣商人さんの汁なし担々麺

 

ところで、広島に汁なし担担麺の専門店ができはじめたのは、2000年代はじめころです。きさくさん、それに続く竜胆さんや四川麻辣商人さんですね。

一方、広島汁なし担担麺のブームは、それから10年経ってから起きたんですね。ここには以前からあった店舗とその後にできた、國松さん、キング軒さん、すずらん亭さんなどとの違いもあると思うんです。特にこの3店舗さんをあげたのは、いままで激辛つけ麺が避けていた・・・、というか客が激辛つけ麵を避ける傾向にあった、サラリーマンの多いオフィス街とか、休日に買物に出かけるような繁華街の場所に、汁なし担担麺の店を出店されているんですね。

「激辛つけ麺」は、毎日の昼食だと予算的に大変だったり、激辛すぎで気軽に行く感じではないこと。更に繁華街のお客さんって、ラー油の飛び散りなんて一番困りますよね。そう、繁華街のお客さんは、スーツを着たサラリーマンや買い物などで友人や家族と連れ立っている方たちですから。

広島の歴史のなかにあった、「辛い麺文化」という土壌、そこで辛いものを食べたいんだけども激辛つけ麺には手を出せない。オフィス街や繁華街にはそんな欲求があったんですね。それから、これは特に國松さん、キング軒さんのお店に代表されるのですが、お店が綺麗でセンスが良く、しかもサービスも良くて気持ちいい。こんな、各お店の方々の努力などもあり、その結果がここまでのブームになったんだと思います。

 

P2120024P2140061 P2150019 P2170010
※上から、花山椒薬研堀店さん、梵天丸さん、武蔵坊横川店さん、花山椒中広店さんの汁なし担々麺

 

このように考えれば、汁なし担々麺のブームっていうのは、もともと「辛い麺文化」という土壌があった広島だからこそありえる現象なんでしょう。

もしかしたら、これから日本全国で流行するかもしれませんね。でもこれは、広島の食文化があったからこそ広まることができた食べ物に間違いありません。

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

うまい広島Facebookページへの「いいね!」をお願いします。